田舎暮らし

朝ランは快適に走れています。
昨日は夕方に田んぼの中をぐるぐるとウオーキング。
本当に田舎で、軽トラックがよく走っているし、歩いている人も80歳くらいの方で・・・


今は自分の脚と頭で自分のことは自分で生活が出来ているけれど、老いてくるとどうなもんか。
近くにスーパーはない。コンビ二は1キロ先にぽつんとある。
なんとも淋しいところです。


嘆いてもどうしようもない。



気力

毎日これといった楽しみはありませんが、猫と暮らせる幸せは感じています。
「生きる気力」は猫に支えてもらっている感じです。


今、何の為に誰の為に生きているのだろう?
主人は他界していない、子はいない、「猫」の為に生きている。


これでいいんだ。と思い込むしかない。

果糖まみれ

今朝のランニングは梨状筋が酷く痛みだしたので7キロで帰ってきました。
足の痺れはなくなったけれど、痛みはなかなか取れません。


最近は庭にある柿やみかんをもぎ取り食べまくっているから、体重も減らないし
恐らく体は果糖まみれなんだろうなと思います。


甘い物って脳を刺激してしまう。
「あまーい、美味しい!」ってな感じでどれだけでも胃袋の中に納まってしまう。
もしかして、この梨状筋の痛みが治まらないもの、この甘味のせいかな?


以前、鍼灸師から筋肉や骨に痛みがある時は甘い物を絶つのが一番って言われました。
アイスやジュースといった甘い物は摂取してないけれど、最近は果物の食べすぎかも・・・と。