挨拶

今朝は走り始めたものの、体が重くて前に足を運ぶのがやっとのこと。
「今日は5キロでいいや」と弱い自分に負けてしまい、トボトボと走っていると
土手の方から一人のおじさんが「おはよー」と諸手を振ってくれてる。
夏に毎日顔を合わせ挨拶だけをかわしたおじさん。
「あー久しぶり」と感激してしまった。


この一言の挨拶に救われました。
今朝はあかん、10キロ走れなかった、体が重すぎると敗北感から沈没しそうに
なっていたところの一声。
おじさんの一声千両で、私の気持ちが鼓舞されました。


結局5キロしか走らなかったけれど、気持ちが軽くなりダッシュを10本ほどして終了。


今日から〇〇するぞ!と気合をいれる暦上の1日。
おじさんのお陰で良いスタートとなり、感謝です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。