イタチを捕らえるも

3日前から家の一階の天井から、ガサガサ、トットットという音が頻繁に聞こえてきて
愛猫達もその音と一緒に移動している感じでした。


母屋と離れ(私は離れに住んでいます)の間は屋根がついており、庭の正面と裏の通路でもあります。そこには野菜を保存していたり、私はゴミを置いたりするのですが、そのゴミが食い散らかされていました。
愛猫ハラミの時に購入した捕獲器を仕掛けておき、朝見ると餌はなく捕獲器もそのままでした。
失敗です。


昼から両親が畑に肥料をやるということできたので、その間も捕獲器をしかけ、ねずみ取り用の粘着シートを置き、しばらく畑で仕事をして戻ってくるとイタチが粘着シートの上でもがいている。


もう、気の毒で仕方が無い。
かなり強力な粘着で前足、後ろ足ともにべとべとに絡み、尻尾も脚にくっ付いてしまい、
ショックだったのか、うんちも垂れ流しで・・・


顔はなんとか何もついていなかったんだけど、こちらが鎌で離してあげようとすると
ガブリと噛み付いてくるので、その自分の勢いで倒れてしまい、顔片側もベットリとなってしまい、もう見ているのが気の毒で・・・


裏の畑で逃がしてあげようとおもい、粘着シートにくっ付いたイタチを連れて行き、鎌で離してあげると、そのイタチは、元気よく私の家に向かって、自分の住処に帰るかのようにビューんとすっごい勢いで走っていきました。あのカラダでどうやって走ったのかわかりません。あまりにも早くて目が追いつかなかったのです。
ちなみにイタチは捕まえても放してあげないといけないみたいです。


私が馬鹿でした。
もっと離れた山で放すべきだったのに、余りにも気の毒だったし、まさかあのカラダで動けるとは思いもしませんでした。


今もまだ一階の天井にいます。
でも、以前の音と違います。ごろんごろんという転がっているような音です。


きつね、タヌキ、アライグマ、イノシシ、モグラ、猿
見ていないところで、畑で悪さすると「コノヤロ」と思いますが、いざ目の前に現れると
そんな気持ちはドッかに飛んでおり、「可愛そうに、ご飯たべたいんだろうな」と変な情が湧いてきます。


それにしても、今日のイタチちゃん、外に出てきておくれよ。


お義姉さん

今朝起きてみると、愛猫カルビにミノとトロは私の横で寝ていました。
さあ、台所へいくと引き出しは開いていましたが、中の物は散乱していませんでした。


とにかく、ミノとトロを抱き上げ「お利口さん」と褒めました。
もうしばらく、様子見です。


先日、スーパーに買い物に行き、支払いでレジに並んでいると、前のレジを打っている人が「お義姉さんによく似ている」、いや、お義姉さんだ。


お義姉さんといっても、兄が離婚したのは15年以上も前の話。


お義姉さんという呼び方はおかしいしから〇〇子さんと呼ばないと・・・


声を掛けようかどうしようかと一瞬迷いました。
迷ったので、声を掛けるのは止めました。


何を話していいのか分からないし・・・


ご縁が無かったと考えるしかないと思います。


猫の反抗期?

昨晩はパコーンと叩かれたことがどういうことか分かったらしく、何事も起こりませんでした。


今日は午前中、2時間位出掛けている間に、またやってくれた。


台所の扉が開き、ナイフや箸に袋等が散乱。
猫用の水入れも違う部屋に移動しており、辺りは水浸し。


なんでこうなるのかな?


今まで、こんな悪戯はなかったのに・・・


不安からなのか、不満なのからか?


分かりません。


大概のことは容認してきているのですが、此処最近の悪戯は笑っては済ませられません。
何とか躾けないと


うーん、困りました。