継続

昨日は友人に誘われて、国際サーキットへ車を見に行きました。
正直、余り興味はなかったのですが、断る理由もなかったので暑い中出掛けてきました。


早く走るにはレーサーの技術、車をどれだけ走れる車に仕上げてあるか色々あると思うのですが、特に発奮させられたのはドリフトを見た時でした。


私も早く走りたい、瞬発力、持久力をつけたいと強く思いました。
その為には日々の練習しかない、継続、やるしかない・・・等、頭の中が
自分のランニングのことで頭が一杯になってしまいました。


そんな訳で今朝は14.5キロ走ってきました。
本当に気力の問題で10キロも14.5キロも変わらない。
私の今の課題は「継続」かな。


子猫達もだいぶ手が掛からなくなり、自分の時間が取れるようになってきました。

お風呂

今朝も朝ラン10キロ。
5キロ辺りから頭がボーっとしてきて、7キロ辺りで靴が汗でビチョビチョだし、
夏は暑さと汗が厄介です。


昨日は愛猫カルビをお風呂に入れました。
カルビはシャンプーする時も手が掛からず助かりますが、体が大きいので時間が掛かります。子猫はアッという間に終わっちゃうのですが・・・


不思議なんですが、愛猫ハラミもお風呂を入れた後は私にベタベタくっついてきていましたが、カルビも同じです。
普段は私の膝に座ろうともしないのに、お風呂の後だけは膝の上に長時間乗ったままです。夜も私の枕元でグーグー鼾をかいて寝ていました。


カルビとくっ付いていられるなら、毎日でもお風呂にいれてあげたいです。


今日はブッチーが朝だけご飯を食べてどこかにいってしまい、タヌキが番猫しています。
どうなっているんだろう?

豪雨

今朝ランニングに行く途中、いつも声を掛けてくれる社長さんが開口一番「いつ何が起こるか分からん」と言いました。
社長さんの兄がこの度の豪雨で家がやられたみたいです。


「いつ何が起こるか分からん」本当にその通りだと思います。


私自身、主人が亡くなった時から死生観ががらりと変わり「いつ何が起こってもオカシクナイ」と考えています。
また、何かが起こったとしても受け入れることにしています。


死ぬ準備をしているわけではありませんが、毎日死に向かって生きていると言うこと。
いつ死んでも悔いが残らないように、毎日の小さな判断を誤らないようにし、心豊かに生きること。


その社長さんは話の〆に「健康でいられるのが一番]と言っていました。
社長さんにとって今一番重きを置いていることなんでしょう。


体と精神、そろって健康でいるためには、やはり自分の言葉で自分を支えていくしかありません。
生きていると辛い事、苦しい事のほうが多いような気がします。
そんな中でも少しハードルを下げて、自分で小さな幸せを感じる、見つける努力をしていけば日常に華が咲くのではないかと思います。