感情の基準値

今朝は5時20分に目覚め、寝坊。
あーどうしようと躊躇しましたが、今日一日走らず後悔するくらいだったら、
出走遅くても良いやと。
横で大きな寝息を立てて寝ている愛猫カルビを撫で撫でしながら、思い切って布団からでました。一緒に起きてきてくれるから、一層可愛らしさが増す。


長い間、腹の底から笑えた日はありません。
主人を亡くした当時は、心では泣きながら周りと接していました。
死んだように生きていたので、その頃の3~4年の記憶はありません。
自分で自分を取り戻せるようになり始めたのは5年位経ってからかな。
大きく変わってしまったのは感情です。
喜怒哀楽で表すと、喜はあまり変わらずだけど怒はかなり低くなり大抵の事をスルーできるようになった。無関心といわれればそうかもしれないけれど、怒りに時間を使うのが無駄だと思うようになった。時間は命、大切に使わないと。
哀もかなり低くなりちょっとした事で、ウルッときて苦しくなってしまう。街中で救急車を見かけると胸が苦しくなり、涙が勝手に流れる時もある。問題なのは楽です。
これはかなり基準値が高くなり、笑えなくなった。テレビを見ても面白くないし笑えない。人との会話でも笑顔ではいるけれど、心では笑っていない。腹の底から笑えないんです。少しオカシクなったと思うけれどこれも自分なんだと思える。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。