100日目

愛猫ハラミが行方不明になって100日目。季節が冬から春に変わってしまった。


琴平でハラミの捜索をしてくれている方がいて、その方も愛猫家で15匹飼っているらしい。その内の一匹が家出をしてから3年経つという。
サラリと話してくれたけど、同じ愛猫家として胸が痛い。


何匹飼っていようが、数は関係なく、一匹でも姿がないと寂しくなるものだと思います。
他の猫ちゃんで気を紛らわすこと、私には出来てません。


インターネットの迷い猫掲示板でチェックをするのですが、毎日どこかで猫ちゃんが行方不明になっている。飼い主の方は必死だと思います。
また、「猫、見つかりました」というものを目にしてしまうと、なんか心がザワザワとする。「良かったね、猫ちゃんも飼い主さんも」と思うのですが、何故か心中複雑です。


私の日常の行動に問題があるのかな?悪いことはしていないし、どちらかというと陰徳を
積んでいる方だと思うのですが・・・
自分の何をどうしたらハラミが帰ってきてくれるのか?
自身の日々の言動もが関わってくるような気がしてなりません。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。