不機嫌な人

今朝ランニングに出掛けようとしたら、野良猫タヌキがちょこんと座ってこちらを
じーっと見てる。
「あー、なんて可愛いんだ」、一匹の野良猫の姿に癒され、一気に身も心も解れ、軽やかに走って帰ってくることができました。タヌキに感謝です。


猫も機嫌が悪いときは、顔つき、しぐさや態度でなんとなく分かる。人も然り。
ただ、電話だと相手が見えず分からないから困る。


なんとなく普段と話し方が違う。忙しいのかな、疲労困憊、気忙しいのかな、体調が悪いのか、腹が減っているのか?????
何故相手が不機嫌なのか考えるだけ時間の無駄、と分かっていながら考えてしまう悪い癖。相手が虫の居所が悪かろうが私には関係ない。こういう時ほど淡々と話せなければならない。


それでも、内心不快だし後味が悪い。
こういう時は反面教師にするしかなく、自分は気をつけるぞ、で片付けるしかない。


清濁併せ呑む度量のある人間になれるかどうか試されているのかな?


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。