猫の轢死

今日は積極的に休脚日にしました。
4時半におきて少し猫と遊び、お風呂にゆっくり入り、とにかくゆっくりゆったりと時間に追われることなく行動できました。


子猫達もだいぶ猫らしくなり、私を餌をくれる人、遊んでくれる人、撫で撫でしてくれる人と認識してくれたようです。
目が合えば寄ってきてすりすりしてくれたり、眠たいときは私の膝の上に乗ってきたりと
可愛くなってきています。


昨日、ランニング中3キロ地点で白猫が車に引かれて道路に倒れていました。
私は夏でも手袋をして走っているので、その猫をどかすことはできたのですが、
まだ11キロ走らないといけないし、汗を手で拭うしなど色々考えて帰りに猫を移動させようと決め「迷わず天国にいけますように、成仏しますように」と心で手を合わせながら猫を通り過ぎました。


猫の現場に戻ってくると、猫は道端に移動されており新聞紙がかぶせてありました。
それを見た瞬間、熱いものが込み上げてきて涙が出てきました。
「優しい人がいるんだ」


愛猫ハラミ、もし野良猫でいるならば轢死だけはしないでおくれよ。
神様、どうかハラミを見守って下さい。お願いします。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。